団結力を高めるにはユニフォームだけでなくジャンパーも重要

Original Jumper

NEWS

2017年08月23日
ジャンパーをオシャレな感覚で着こなそうを更新しました。
2017年08月23日
ジャンパーの着こなし方とはを更新しました。
2017年08月23日
不思議な魅力のジャンパーを更新しました。
2017年08月23日
ジャンパーは防水性と通気性をチェックを更新しました。

お揃いも楽しめるジャンパーの魅力

あなたがもしも何か趣味のチームに所属しているのであれば、チームの結束が高まるアイテムが欲しいと思いませんか。チームに所属していなくても、仲良しグループでお揃いのアイテムを身に付けたいと思う方も多いと思います。そんな方におすすめなのがジャンパーです。よく、スポーツチームが同じジャンパーを着ているのを見かけると思いますが、お揃いのジャンパー姿を見るだけで、一気に団結力の高さを感じると思います。
近年はお揃いのジャンパーをオリジナルで発注される方が増えています。通販サイトではインターネット上でデザインの依頼から見積もりまで行えることから、オリジナルデザインのジャンパーが手に入れやすくなっています。デザインを揃えてカラーバリエーションを変えて発注する方も多く、チームに所属している方にとっては思い出深い一着となるのです。オリジナルデザインのジャンパーを注文されるのは、スポーツチームだけではありません。車愛好チームやバイク愛好者にもオリジナルジャンパーは人気なのです。様々な趣味の集まりに参加する機会の多いチームは団結力を見せつけるためにも、お揃いのジャンパーを身に付けるといった方が増えています。
あなたの仲間もお揃いのジャンパーで集まりやイベントをもっと楽しくしてみませんか。

仕事着用のジャンパーを購入しました

オンラインショッピングでジャンパーを購入しました。手頃な値段で機能性の良さそうなジャンパーがあったので色違いで3着購入しました。1着が税込みで1980円だったので3着購入しても6千円ほどなので良い買い物ができたと思っています。購入したジャンパーは仕事着として使うものです。私は個人で車を運転して配送の仕事をしています。ジャンパーが私の仕事着となっています。ジャンパーは私にとって消耗品のようなものなので何着あっても構いません。
今回、私が購入したジャンパーは撥水加工が施されているのが気に入りました。雨が降っている中でも荷物を配送しなければならないので撥水加工が施されているのはとても助かります。裏地がメッシュになっているのも好感が持てました。梅雨の時季などは湿度も気温も高いときがあるので、裏地がメッシュになっていないとジャンパーの中が暑くなってしまい、背中は汗ビッショリになってしまいます。そうなってしまうとたいへん不快になりますが、裏地がメッシュになっていればそのようなことはありません。袖口がリブ仕様になっているので雨や風が強い日でも安心して着ることができます。袖口がリブ仕様になっていれば、ジャンパーの中に雨や風が入ってこなくなるからです。
このジャンパーには他にも色があるので実際に着てみて良いと感じたら買い増すことも考えてみたいと思っています。

内側の構造で考えるジャンパーの選び方

こんにちは。こちらの記事では、内側の構造を見てジャンパーを選ぶポイントをご紹介したいと思います。
●胴回りの構造を見るジャンパーを選ぶ時に外側のデザインはもちろん皆さんしっかりと見ているかと思います。しかし、それだけではなく、中の方の着心地は気にされていますか?この中身、胴回りにさらに一枚厚みがあると、防寒能力がかなり変わります。ただ、そうなると動きやすさや服装によっては必要以上に温かくなってしまいます。購入前に今一度胴回りの内側まで確認してみてください。内布の有無を特に見るようにしましょう。
●袖の中の構造をを見る胴回りだけではなく、実は袖回りも見ることが重要です。胴回りと同じに、袖の内側にも一枚あるかないかで動きやすさや温かさが変わります。一枚あれば温かく冬場でも過ごしやすくなるかと思いますが、ジャンパーの表の素材の固さによってはかなり動きづらい、もしくは締め付け感を感じる場合があります。逆に、ジャンパーの下に着る服の薄さによっては、ジャンパーの袖の内側に一枚内布に必要になります。ジャンパーの袖部分まで内布が必要なのか否かを自分の持っている服を鑑みて選ぶようにしましょう。
●おわりに内布は1枚あるだけで本当に寒くなくなります。澄んでいる地域によってもその布の必要性が変わりますので、できるだけたくさんの機会に着られるように選びましょう。

CHOICES CONTENTS

TOP